『スカイマーク』 支援にオリックス浮上

『オリックスは現在、スカイマーク株を保有していないが、平成8年の同社発足以降、主要株主として資本関係があった時期が長かった。また、リースを起点に銀行や保険、不動産などの事業を展開し、主に海外の航空会社向けの航空機リース事業も手掛けている。運航面の支援が期待される航空会社では、ANAHDの伊東信一郎社長が13日の記者会見で「一貫して大いに関心を持ってみている。今後どう行動していくのかを検討している」と、共同スポンサーへの名乗りに意欲をにじませている。』

との報道です。
オリックスが支援を手掛けるにしても、事業への直接的な影響は大きそうですが、肝心の航空会社のプロがいません。
そもそも経営の方向性がブレて民事再生手続きに至った訳なので、航空のプロが必要かと思われます。
このまま、ANAが支援をすることになると、国が盛んにJALへ叫んでいる競争環境が歪むことになるのではないだろうか。個人的にはオリックス×JALのコラボで再生が果たせれば、JALへの制限には当たらないのではないでしょうか。
何にしてもまだまだ、スカイマークには目が離せない状況ではありますね。第3極の航空会社として頑張って欲しいものです。


[PR]
by peko2334 | 2015-02-18 14:06 | 日々の出来事 | Comments(0)

浦和レッズとグルメルポのブログです。


by peko2334