<   2014年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

スカイマーク問題

日本第3位の航空会社スカイマークが、A380キャンセル問題で揺れに揺れています。
そもそも身の丈に合っていない大型機種を購入するという判断に、素人目ながらも違和感がありましたし、昨今のミニスカCAや安全に関する意識においても管轄官庁にも目をつけられているようですし。
無借金経営ではあるようですが、財務基盤の弱さをエアバス社にも指摘されており、700億円もののペナルティ、手付の265億円が戻らないとなると、スカイマークの3月31日時点の資産合計は787億7100万円で、うち現金及び預金は70億6500万円という報道からすると、今すぐにどうこうなるレベルではないものの、現時点での株価や報道による客足の鈍化は心配は心配です。
HISの澤田さんが立ち上げて、日本の航空業界へ格安運賃で殴り込みをかけたスカイマークが、こんな形で終わることのないように頑張って欲しいものです。
まあ、私はJAL派ですので、今後も乗ることはありませんが。。。

[PR]
by peko2334 | 2014-07-30 17:57 | 日々の出来事 | Comments(0)

うなぎ弁当

土曜の丑の日には早いけど、この猛暑のなか少しバテ気味でしたので、鰻屋の鰻弁当をお持ち帰りしました。
このサイズで肝吸いとお新香も付いて、1700円也で昨今の高騰ぶりからするとお得かなと思います。しかし、もう少し食べたいな~という欲求はありました。
飲みに行く回数を減らして、鰻屋通いも良いかもしれません003.gif


b0226748_14212274.jpg

[PR]
by peko2334 | 2014-07-28 14:21 | グルメ | Comments(0)

アスリート?

サロマから3週間経ちましたが、左足の甲が走ると痛みが出るのが気になっていました。暫く休めるとウソのように痛みが引くのですが、走ると痛みが出るの繰り返し。なんだろうか、捻ったにしては腫れもないし。
あるスポーツドクターと話をする機会があったので、このことを聞いてみたら「シューズの紐の絞め過ぎ」「手前を一番絞めていないか」「シューズの紐は2・3番目を絞める」とのこと。
このことはアスリートでは常識、紐の使い方でシューズの中で余計な遊びが出たり、逆に余裕がなくなったりするので、とても大切なことと教えて頂きました。
まったくもって、基本も知らないランナーは、とてもアスリートとは言えないと落ち込み中です008.gif

b0226748_08092957.jpg

[PR]
by peko2334 | 2014-07-23 08:09 | ランニング | Comments(0)

反省。。。

四万十川ウルトラマラソンの「落選」を受けてモチベーションが上がらないままです。
本来であれば、この3連休はしっかりと走り込みをしようと思っていましたが、なんともグダグダでサロマで痛めた左足の甲もなんとなくイマイチ感もあり緊張感のない毎日を過ごしております。
この落選で奥様から言われたのが、『ピリピリとした空気感がなくなった』『穏やかな感じ』。。。。
なんとも自分の分からないなかで、気合を入れて頑張ってきたことが家庭の中では緊張を強いてきてしまった。。。。
これはかなり反省です、要は楽しく練習していないということですし、楽しいレースになっていないということ。

幸いなことにウルトラマラソンにはエントリーしていないので、このような空気感をどうしていくのか考えてみようと思います。

*毎日毎日、炭水化物祭りです003.gif 最近お気に入りの餃子屋の担担麺です。
b0226748_08035996.jpg

[PR]
by peko2334 | 2014-07-22 08:04 | ランニング | Comments(0)
昨年の四万十川ウルトラマラソンに続き2回目のウルトラマラソン出場そして完走。
レースから3週間近く経っていますが、身体のダメージはどうでしょうか。直後は四万十川よりも軽く感じました、四万十川ではまともに歩行も出来なかったけど、今回は歩くことは出来ましたよ(笑)
その後、足の痛みは2~3日で消えて、大事を取って1週間後からジョグを始めています。食欲が今回は落ちましたが、それは一時の気の迷いだったようで良く食べられています。

さあ、だいぶ身体の疲れも取れてきたので、10月の四万十川ウルトラマラソンに向けて気合を入れていくぞ と思ったのに、なんと「落選」通知が昨日来ました。昨年初めて出場し完走した思い出深いレースなので、今年のメインレースの位置づけをしていただけに、かなりショックで抜け殻のようになっています。

暫く落ち込む日々が続く模様です007.gif

↓ 写真はサロマの帰りに旭川空港で食べた醤油野菜チャーシュー麺。うまうまでした003.gif

b0226748_14225816.jpg


[PR]
by peko2334 | 2014-07-17 14:24 | ランニング | Comments(0)
80kmの関門を突破して遂にワッカへ入りました。
ここからゴールまで20kmで3時間の持ち時間です、なんとなく歩いてでも到達出来そうな状況のように思えてきました。小刻みなアップダウンと折り返しランナーとの擦れ違いがあるので、かなり精神的にも辛くなってきました。
遂に歩いてしまいます、歩いてもなんとかなるのではないか。そんな衝動に駆られます。500m位歩きで進んだでしょうか、コスプレのカップルランナーとの並走が続きます。楽しみにしているブログの方をお見かけしたので声をかけます。
ワッカの素敵な花々の写真を撮る余裕もありません。この辺りのことは断片的にしか思い出すことが出来ません。

この時かなり極限状態まで追い込まれていたかもしれません。ふと「ゴールで待っている人がいるぞ」「周りのペースに合わせている場合か」「歩くなら走れよ」そう心に応援が入ったように感じました。思い切り歯を食いしばり、歩くのは止めた遅くても良いから走るんだ。km/8:00でいけば間に合う、そう頭の中で計算を始めています。

折り返し地点がなかなか来ません、途中のエイドのかぶり水も少なってきてランナー同志で分け合いながらかぶります。みんなゴールを目指しているのです、こんな極限の状況でも相手を思いやる気持ちがウルトラランナーにはあるのです。
一緒に戦っているのです、熱いものが胸にこみ上げてきます。
b0226748_10322194.jpg
90km:時刻16:20:34 関門は16:42なので貯金22分です。

遂に残り10kmを切りました、ガーミンと睨めっこしてこのままのペースkm/8:00であれば17:45には着けるかもしれない。
少し気持ちが楽になってきましたが、まだなにがあるか分かりません。一歩一歩前に進んで行くしかありません。

ワッカを抜けて下りを利用して少しスピードを上げました。するとランナーが声をかけてきてくれました、「あと少しですよね、私は9回目のサロマ。この暑さは厳しかったですよ。かなり完走率は低いかもしてませんね。」そうか、9回もサロマに出ているランナーでも厳しいレースだったかのか。でも残り1㎞、ゴール付近で待っている奥様と一緒にゴールする約束をしています。
ポーチから何時間かぶりにスマホを取り出して、LINEを確認します。約束の場所にいるよとメッセージがあります。
頑張って走ってきて良かった、家族との約束が守れます。

沿道には物凄い人数の応援です。100kmを戦ってきたランナーを称えています。
42.195km地点ではスムースに会うことが出来なかった奥様ともビクトリーロードの手前で合流です。
遂にゴールです!!!!

100kmゴール:時刻17:40:02 記録12:40:02

マラソンを始めてこんな辛く厳しいレースは初めてでした。
それでも、完走出来たのは一番は奥様の協力があってこそです。元々世話のかかる人間なので、マラソンを始めてからはかなりお世話になっています。それと一緒に練習会をしてくれるチームメンバー、職場の皆さん。本当にマラソンするだけでも多くに方に支えられています。感謝ですよね。

さあ、次のレースに向けてボチボチ頑張っていきますよ!!

b0226748_10330798.jpg


[PR]
by peko2334 | 2014-07-14 10:34 | ランニング | Comments(0)
60kmの関門を30分の貯金で通過です。この暑さで30分の貯金では足りないかもしれませんが、とにかく前に進むしかありません。
61km過ぎからはキムアネップ岬に入るために左折します。少し風が出てきましたが、なんとも熱風に近い風でまったく癒されることはありません。サロマ湖畔に到着すると対岸にこれから向かうワッカが見えます。あそこまでいくのかよ、と少し弱気になりながら少し心が折れそうになり、急に足が止まりました。100mくらい歩いただろうか、何人ものランナーに抜かれます。これで良いのか、もう少し進むと魔女の森になるぞ、日影が待っているぞと自分を鼓舞しながら進みます。
b0226748_10245169.jpg
「魔女の森」まさに道路の両脇から樹木が覆い茂り天然のクーラーのようです。ここで復活! と思いきやまさに魔女の魔法に取りつかれたようにかなりのペースダウンです。なんでだよ、せっかく陽射しがないのだから、元気になってくれよ。
魔女の森を抜けたところにあった私設エイドでコーラを頂き、元気になれよと期待を込めて「葛根湯」と「鎮痛剤」を投入です。
b0226748_10251513.jpg
コース上最大の施設エイド斉藤商品です。お店のおばちゃんが「若いランナーは誰も私からは受け取ってくれないので、あんた受け取りなさい」と半分脅迫(笑)で受け取った冷たいタオルとこの会話でかなり生き返りました。

70km:時刻13:35:07 関門は14:06ですので貯金30分は維持しています。

ここから先ほど飲んだ「葛根湯」と「鎮痛剤」が効いてきたようで、少し元気になり前にいる2人組の男性ランナーに付いていくことにしました。ペースはkm/6:30とかなり早いのですが、なんとか73kmの鶴雅まで引っ張ってもらいました。
ここでも奥様の激励をもらいましたが、80kmの関門になんとか15:00には着きたい一心で休憩はお汁粉のお餅と水を飲んで前に進みます。「ゴールで待ってるから、頑張って」と、そうかゴールで待っていてくれるんだな。とにかくワッカまではなんとか辿り着かなければと通常時であれば大したことないアップダウンに苦しみながらも80km関門の600m手前にあるエイドに到着。
ここには事前に預けることが出来る個人のスペシャルドリンクが置いてあるのですが、半分くらいはそのままの状態。私のタイムはかなり遅い方だと思うのでそれだけ過酷な状況であるのか。
なんとも複雑な気持ちになりながら、80kmへのダラダラとした坂を上っていきます。

80km:時刻14:57:01 関門は15:24 貯金は27分で遂に30分を切ってしまいました。
b0226748_10254914.jpg
ワッカへの入り口です。昨年までの関門時間であれば3分まえの滑り込みなります。ここまでくれば歩いてでも完走可能なのではないかと甘いささやきが心に広がってきました。


[PR]
by peko2334 | 2014-07-12 10:29 | ランニング | Comments(0)
b0226748_08531030.jpg
フルマラソン地点まで来ました。ここからウルトラが始まると言われます。ここは応援バスの応援スポットなので、奥様が補給食・ドリンクを持って待っていてくれます。スタートしてから最初の応援ポイントが42.195kmなんて改めてウルトラマラソンなんだな~と感じます。
4:46も待たせてしまっている奥様はどこにいるのでしょうか、42.195kmのモニュメントのところかな、ちゃんとここにいるよとの確認をしていなかったので、走りながら探しますがいません。少し先に応援の方々がいるのでそこかなと前に進みます。
いません008.gif、どこに行ったのか。まさか応援していて熱中症で倒れたか、携帯へ連絡します。
「42.195kmのところにいるよ!」と。。。。一瞬会わないで前に進むことも考えましたが、せっかく待っていてくれたし、補給もしたかったし。でもランナーが戻ることはとても嫌なので、奥様に「ダッシュで前に来い!」
今思えば4時間以上の待っていたのに、ひどいことを言ってしまいました。10km毎の関門と暑さで思い通りの走りが出来なくてイラついていたかもしれません。
実際に会った時間はそれこそ1~2分、このハプニングで5分はロスしたかな。次の応援スポット54kmのレストステーションでは、しっかり私を見つけてくれて、補給もしっかり出来ました。ただ、かなり時間に追いまくられていたし、暑さでペースはこれからかなり落ち込むことを考えて、休憩は当初15分を計画していましたが、5分でレストステーションを出ました。
50~60kmは40mのアップダウンが続き、厳しい区間でもあり道端にはかなりの人数のランナーが倒れこんでいました。かなりビビりながらもエイド毎にしっかり給水とかぶり水をして脱水に気をつけます。

50km:時刻10:47:42 
60km:時刻12:10:31 関門は12:48なのでアドバンテージは30分。
b0226748_08534192.jpg

[PR]
by peko2334 | 2014-07-11 08:54 | ランニング | Comments(0)
だんだんと陽が昇ってきて、気温もどんどん上昇してきました。
20km過ぎからは本当に単調な道を進んでいきます。フラットでもあるので、かなり飽きがきますしふくらはぎサポーターのこともあり、なんとなくリズムが掴めない走りになります。
30km:時刻8:20:12 ラップ1:08 まあ、そんなに悪いタイムではないし、予測タイムよりも良いので気にしないで進みます。
35kmを過ぎたあたりから、だらだらと上りが始まります。リズムを作るには丁度良いな~と、周りが歩き始めるのをしり目にトントンと駆け上がります。ただ、上りはどちらかというと好きな方なので、50人くらい抜かしていきますが、下りで25人くらい抜き返されてかなり凹んで40km到達です。
b0226748_10443876.jpg
40km:時刻9:32:05 ラップ1:12  です。km/7:00まで落ちています。
ここら辺りから、暑さとの戦いになってきています。上りがあったにせよ、明らかに失速気味ですよ。
なぜか関門は41km、意味が良くわかりませんが、さっくとスルーして応援バスが待っている42.195kmに急ぎます。
ここで奥様が待っているはず、補給食とドリンクを託しているので、必ず会う必要があります。

42.195km:時刻9:46:32 フルマラソン4:46 かかっているということ。かなーり遅いですね。ちょっと焦ってきました。
さあ、応援してくれている奥様と会ってパワーをもらいましょ。
ところがここで思いもかけないことが待っていました。
b0226748_10455025.jpg



[PR]
by peko2334 | 2014-07-10 10:46 | ランニング | Comments(0)
前々日(6/27)富良野でリラックスし、前日(6/28)は湧別で受付をするためにクルマを走らせます。
富良野から湧別までナビで検索すると、なんと5時間かかるという表示が。。。そんなにかかるのかとひたすらなにもない単調な道を進むとバイバスみたいな道路がしっかりありました。古いナビなので検索しなかったみたい。。。

それでも13:00頃には湧別に到着、受付するランナーでごった返しています。受付自体はスムースでなんのストレスもなく終了。
サロマ湖には何度か訪れたことはありますが、当然クルマでドライブしただけなので、ランナー目線でも下見をしておかないと。たっぷり2時間程かけてコースの特徴を頭に入れてと。
コースの印象は起伏は大したことないけど、ダラダラとしていて先が見えるので精神的に辛いのかなと。まあ、500も600mも駆け上がるのではないので、足はそこまでの負担はないだろうと前向きに捉えて、21:00に就寝して当日は2:00に起床です。
b0226748_10424018.jpg
いよいよ当日です。少し緊張しているのかな、4時間程しか眠られませんでしたが、おにぎり3個食べて宿泊地である紋別を3:00にクルマで出発。スタート地点である湧別には4:00少し前に到着して準備をします。

なんか暑くなりそうな空です、こりゃ脱水に気をつけないとな~。などと思っていると早くもスタートです。
5:00に出走して最終的には18:00にはゴールしないといけません。今回のレースのポイントは10km毎の関門と暑さと心構えは出来ていましたが、いったい気温は何度まで上がるのか。
b0226748_10421089.jpg
スタートから10km位まではくもり空でしたので、なんとなく良いペースで進んでいます。10km時刻:6:06:43 
こんな調子で20kmまでは順調です。20km時刻:7:12:11 かなり暑くなってきましたが、かぶり水はせずにkm/6:00で進めているし、コースもフラットなのでまだ気持ちの余裕があります。
が、ここで大変なことに気づきました。周りのランナーと何かが違うなと、なんか足が軽いなと感じていました。そうです、ふくらはぎにサポーターを付けるのを忘れています。練習時にもどんな短い距離でも着けていて、筋肉のブレを最小限にしてくれると信じていたものを忘れています。
かなーり不安になってきました、というよりも動揺してきましよ。この出来事がレースにどう影響するのか。。。とほほ

[PR]
by peko2334 | 2014-07-09 10:43 | ランニング | Comments(0)

浦和レッズとグルメルポのブログです。


by peko2334